International Doctors (IDs)

日本は世界で戦える

IDs

番外編:臨床医の選考面接の勝ち方

番外編:臨床医の選考面接の勝ち方 今回は今年に受験したClinical fellowの面接の様子と対策を詳説したいと思います。 日本人は自己アピールおよび英語で確実にAmerican Nativeに劣るので、中身でどこで勝負をかけるか、最後に雑草外科医の準備した必殺技に…

Dis. 3 海外留学者の最終目標って何? 雑草外科医の場合

こんにちは! 雑草外科医です。前回更新からいろいろと忙しく、更新が遅れて申し訳ありません。 Discussion 3に移りましょう! 今回はズバリ『海外留学者の最終目標って何?』です。 なぜ住み慣れた日本の環境を変えてまで海外で臨床医または研究医をするの…

Dis2. 海外での困難とその対策 なんちゃって大学院を出た臨床医が米国の基礎研究界で生き残る戦略

こんばんは、倉橋です。自己紹介は前回しましたので今回は省略します。 さて、多くの先生方が既に海外での困難とその対策に関して一般的な事を書かれています。私も笑ってしまうほど、皆さん同じ様な経験をされてて、同じ様な対策をされているので、私がここ…

Dis 2. 海外での困難とその対策 ポスドク×循環器×欧州の場合

こんにちは、ピアニシモです。今回は、海外での困難について書きます。他の皆さんが述べられている通り数え上げればキリがないのですが、ここでは大枠で3点、お話しようと思います。 1. お金のこと 私のような研究を目的とした海外留学の場合、お金の問題は…

Dis 2. 海外での困難とその対策 留学奨学金のすゝめ

アメリカで臨床研究をやっています Taku Inohara と申します。 海外での困難に関しては、語学、治安、医療へのアクセス、サービスの質、脆弱なインフラ(頻繁な停電とか断水とか)、食事、風呂(浴槽が浅いとか)、国際情勢などなど挙げればキリがないですが…

Dis 2. 海外での困難とその対策 基礎研究医@中西部の場合

はじめまして、ほぼ実名アカウントの@Kazu_Kasaharaと申します。 卒後4年間は初期研修&循環器内科の専門研修を受け、その後、大学院に入学し基礎研究をはじめました。学位取得後、2015年から家族とともに渡米し、中西部にある大学の基礎系のラボでポスドク…

Dis 2. 海外での困難とその対策 基礎ラボに入った臨床医の場合

こんにちは。私はこれまで麻酔科専従→集中治療専従→救急&プレホスと経験をしてきた、今はそうですね「草食系救急集中治療医」です。今はアメリカのカリフォルニア州、シリコンバレーで基礎研究をしています。 正直困難ばかりなのですが、特にきつかったこと…

Dis 2. 海外での困難とその対策 匿名系麻酔科医の場合

ゆるふわますいと申します。アメリカで麻酔の臨床に従事しています。 日本産まれ日本育ち、渡米前にこれと言った特別な海外生活もありませんでした。 さて前回がメリットに関してだったので今回はデメリットとその対策・克服法となります。デメリットに関し…

Dis.2 大事なことはマイペース

こんにちは!雑草外科医です! 今回のテーマは『海外での困難とその対策』です! また渡航して半年ちょっとしか経っていませんが、ぶち当たった壁とその対応策を少しお伝えできればと思います! 私の場合、壁は4にカテゴライズされます。 1.言語 これは帰…

Discussion 2. 海外での困難とその対策

こんにちは!雑草外科医です! ややスローペースで始まったこのブログですが、第2回のテーマは、『海外生活での困難とその対策』です! 海外勤務への憧れと実際に住んでみての現実はギャップがあります! 言語、食事、文化など様々な内容でfrustrationが溜…

Dis 1. 海外に出るメリットは? 臨床救急医の就職@アメリカの場合

はじめまして。Twitterでアメリカ救急医療についてつぶやいている匿名アカウントのGreen, MD (@md_green)と言います。僕は日本生まれの日本育ち、international schoolや留学は経ず普通に日本の医学部を卒業しました。日本で研修を終え、しばらく救急医と…

Dis 1. 海外に出るメリットは? 心臓血管外科医@フランスの場合

Bonjour. 私は、ただのいち心臓血管外科医にすぎませんので、名前は伏せさせていただいています。わかっても、そっとしておいてください。 現在、フランスの地方都市の大学病院の心臓血管外科で働いています。ただし、フランスの医師免許は持っていませんの…

Dis1. 海外に出るメリットは? ポスドク×循環器×欧州の場合

初投稿です byピアニシモ! 私は、循環器科医として主にカテーテルインターベンションの研鑽を積んだ後、母校の大学院に進学し、ここで基礎研究に従事しました。縁あって、2018年4月よりドイツはMax-Planck-Institute for Heart and Lung(マックスプランク…

Dis 1. 海外に出るメリットは? 匿名系麻酔科医の場合

初めまして。 表題について投稿させていただきます匿名系麻酔科医のゆるふわますいと申します。他の方々が実名なので申し訳ない気分ではありますが、もうしばらく匿名で活動しようと思います。誰だか気付いたとしても温かい目で見守ってやってください。 ア…

Dis 1. 海外に出るメリットは? 臨床研究の場合

初めまして。猪原 拓(@taku_inohara)と申します。 初期研修修了後、市中病院で一般内科&循環器内科の後期研修を受けました。その後、大学院に入学し、循環器内科の臨床をしながら臨床研究のイロハを学び、学位を取得しました。関連病院での臨床を経たのち…